和紙・薄紙事業部 プリントネーム・織りネーム事業部 下げ札・シール事業部 圧縮Tシャツハガキ「T-mail」事業部 一般印刷・その他

創業昭和48年 和紙/印刷・加工処 世界で一枚あなただけの紙作ります 和紙の印刷・加工、オリジナル和紙・和紙製品の企画/制作については何でもご相談下さい。
トップページ
お取り扱い商品
制作実例
オリジナル商品
会社案内
お問い合わせ
English
TOP > お取り扱い商品 > プリントネーム・織りネーム事業部
プリントネーム・織りネーム事業部

プリントネーム(オフセット)

織りネームでは表現出来ない細かい文字や柄がシャープにプリントされ、色も鮮やかに仕上がります。

特徴
両面プリントができる。
大量生産では安価にできる。
細かな図柄が出せる。

プリントネーム(凸版)

織りネームでは表現出来ない細かい文字や柄がシャープにプリントされ、色も鮮やかに仕上がります。

特徴
小ロットからできる。
比較的安価にできる。

プリントネーム(シルク)

織りネームでは表現出来ない細かい文字や柄がシャープにプリントされ、色も鮮やかに仕上がります。

特徴
ボリューム感がある。
色々なの素材にプリントできる。
堅牢度が強い。

織りネーム

平織り
基本的にタテ糸、ヨコ糸が同じ割合(1本1本交互になって)で織りあげる手法です。
タテ糸、ヨコ糸が交互になる分、朱子織りに対し細かい絵柄や文字を表現しやすくなります。
光沢がなく薄手で厚みも薄く仕上がり、一般的に割安な織り方です。
スポーツウエアやカジュアルウエアなど比較的洗濯の多い物向きです。
織り方も白経、黒経をベースに、平地、ベタ、三綾、杉綾などがありデザインによって対応できます。

朱子織り
平織に対してタテ糸の密度が多くなった織物で,特徴としては盛り上がった感じになります。
光沢感を出したい時や、厚みのあるワッペンを作る時等に適した織り方となります。
高級感があるので、ハイブランドの織ネームとしてもよく利用されます。
しかし細い柄や文字など表現しにくいというデメリットもあります。
織り方も白経、黒経をベースに、朱子地、ベタ、裏朱子等があり、デザインによって対応できます。

高密度織り
通常の織ネーム(平地、朱子地)では表現しにくい色や、細かい柄、ロゴ等を製作可能にした織り方です。

レピア織り
レピア織りは色数は12色と豊富で細かい文字を表現することができます。

折り曲げ加工について
折り曲げ加工は下記の5パターンよりお選びいただけます。なおサイズよっては機械での加工ができないためロール巻きでの対応となる場合もあります。
1)両端折り曲げ
2)中央折り曲げ
3)中央折り曲げ+両端折り曲げ
4)折り曲げ加工なし・ロール巻き
5)折り曲げ加工なし・ヒートカット